2007年07月13日

インターネットエクスプローラとは

マイクロソフトのWebブラウザで、今ではWindowsOSを選ぶと組み込まれているというか、インターネットエクスプローラはPC内にあるデータを見るためにも使われています。

インターネットの黎明期、90年代の後半は、ネットスケープがブラウザの代表格だったと言えますが、他に有名なWebブラウザとしてモザイクというものもありました。
たしかマイクロソフトはこの会社を買収し、インターネットエクスプローラとして世に出しています。

ネットスケープは当時有料だったと思いますが、インターネットエクスプローラは無料で配付されました。
インターネットやパソコンの爆発的普及をとおして、Windowsマシンが広く普及するに伴い、同時配付される形でインターネットエクスプローラのシェアも爆発的にのびました。今ではマッキントッシュOSにも対応したものも出ており、その地位を確固たるものにしています。
posted by IEについて at 04:54| IE(インターネットエクスプローラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットエクスプローラの脆弱性

インターネットエクスプローラは世に広く出ているために、ハッカー等による攻撃を受けやすい。これはWindowsOSにも言えることです。
そのため、インターネットエクスプローラはよくパッチがでたり、バージョンアップなどが頻繁に必要になります。
そのたびにセキュリティホールは塞がり、信頼性はあがっていると思われますが、ハッカーとのいたちごっこは終わることがないのが実情です。

インターネットエクスプローラの弱点を重大に見るユーザはWebブラウザをネットスケープに変更したり、他のブラウザソフトに乗り換えることも多くなっています。
WindowsOSもしかりで、MacOSに変えるユーザもいるようです。ただOSの変更は利用中のソフトウエアが使えなくなる影響もあり、そう簡単にはいかないと思いますが。
posted by IEについて at 04:51| IE(インターネットエクスプローラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットエクスプローラの裏技とは

インターネットエクスプローラの裏技といえるかは?ですが、ショートカットキーというものがあります。これはマウスでクリックするのではなく、キーボードをいくつか同時に押すことでクリックと同じように動作するというものです。
いくつか紹介します。

インターネットエクスプローラ内の項目の移動  Shift + Tab
ホームページに移動  Alt + Home
次のページに移動  Alt + →
前のページに移動  Alt + ←
前のフレームに移動  Shift + Ctrl + Tab
ページ内の検索  Ctrl + F
ページの更新  Ctrl + F5
ページ印刷  Ctrl + P
お気に入りバーを表示  Ctrl + I
縮小表示  Alt + マイナス
拡大表示  Alt + プラス
現在のページをお気に入りに追加  Ctrl + D

他にはインターネットエクスプローラが起動する際に好きな画像を表示させる方法があります。

インターネットエクスプローラのアイコンを右クリックしプロパティを選択
全般タブ一番上のホームページのところに、好きな画像のパスを入力
これで最初の画面は入力したパスの画像になります。
でも、そこから先に進むのは面倒ですので、実用性は低いです。
posted by IEについて at 04:47| IE(インターネットエクスプローラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットエクスプローラは自由にダウンロードできます。

インターネットエクスプローラは無料なので、マイクロソフトのサイトから自由にダウンロードできます。
サイトでは最新版はもちろん、旧バージョンのインターネットエクスプローラ、その集成パッチなど必要と思われるものは一通りあります。インターネットが常時接続の環境であれば気にせずダウンロードしていいでしょう。
posted by IEについて at 04:44| IE(インターネットエクスプローラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。